静岡縦断台風の旅 その2(10月1日)

しかしいつもの思い込みでわずか1時間行った沼津で迷いだし、何とか四季彩堂へ着いたのがお昼前。待ってて下さるお客様とお話も出来ましたが、お客様は台風の準備とかで皆さん大慌てで帰って行かれました。

 

これからは長い帰路のお話なので読むのが大変な方はパスしてね!

そうなんです台風24号にぶつかり、日曜日の夜は帰れずにまた浜松に泊まりました。夜中に停電になり、朝も停電のまま帰路に着いたのですが、停電と言うのは大変な事だと身をもって知りました。6時半に宿を出たのですが、停電で信号が止まって、駅前大通りも横からくる車におびえながら前進します。あー怖い!通勤の人は命がけで車の多い道路を渡っています。まるでベトナムのバイクの群れに引かれそうになる日本人の様です。事故が起きませんように!

やっとたどり着いた新東名の高速も閉鎖されていて、仕方ないので東名へ、なんとこちらも閉鎖(がーん)こんな感じで1号線に集まる車は動かず一寸ずり、又新東名へ。車が走っている1台?行ってみたもののまだ閉鎖、とこんな感じでジグザグに移動していたのです。そのうち新東名に乗れたのが宿を出てから5時間後。トラックの運転手のようにインター前で5時間待って、縫物でもしていればこんなに大変な目に合わないで済んだのに、と思っても後の祭り

その後全部の道の駅に寄って、気になっていた「木食上人微笑み館」に寄り道しようと行ったのですが、こんな険しい山道を登るとは思いもよらず、山道の入り口のガソリンスタンで聞いたら「人がいるよ」と言っていたけれど、休館でUターンするのに谷に落ちそうになりながらやっと山道の入り口にたどり着きました。もう木食さんとはご縁が無いのかと・・・・もう2度と登れないような細い道でした。

PA011454PA011452

そしてお腹もすいたので「千座(ちくら)」という「手打ちうむどん(うどん)」屋さんへ寄ってうどんをいただき。そこのおかみさんが型染バッグを作っているというのでその場で作ってもらいました。

PA011457

すみれは私用で葡萄の柄は葡萄屋のおばちゃんにあげるんだー。(きっと喜ぶと思う)

そうこうして遊んでいたら、夜になりやっと家へたどり着いたのでした。

あーゆっくり寝ましょ!

カテゴリー: 展示会   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です