月別アーカイブ: 2007年7月

流しそうめん

竹取
先日そうめん流しがしたいという話になった。
昔住んでいた家でやったそうめん流しは、水浸しになり田んぼのようになった庭で子供達は裸足になりながらそうめんをすくっていたな!と思い出した。
ちょっと気乗りしないなと思っていたのだが、昨日の雷雨の中ハヤシが群馬まで竹を貰いに行ったのでそうめん流しが決行する事となった。
石巻さんに竹を割ってもらい、お店のテラスにセッティング、夕方からホースで水を流しスタンバイOK、ちょうど昨日九州から送ってきたそうめんで横田親子とアベチャン達も来て3回もそうめん茹でて楽しいそうめん流しの試作だった。
「本番はいつ」なんて言いながらみんな帰って行ったので、気をよくしたハヤシは「谷間のツリーハウスで流しそうめんをやりたい、それは男のロマンだ!」とのたまうのだ、「ご自由に!」とかわしといた。
流しそうめん

カテゴリー: フィールドワーク | コメントをどうぞ

コーンスープとコロッケ

コーンコロッケ
毎日の食事には頭を悩ます、朝の内に2,3品作り置きを作ると後が楽だ。
野菜の季節なので頂いた野菜を色々と料理する、茄子の煮浸し、ピーマンの塩こぶ和え、胡瓜の粕もみ、あとコーンスープ。昼に食べようとしたら「きうっちゃん」が現れ一緒に食べる事になった。一応お客さんなので慌ててコーンスープを裏ごしして頂いた、残ったコーンの話になって玉ねぎとベーコンも入ってるしもったいないね!
と言う事でコーンコロッケを夜にはるちゃん(娘)が作ってくれた、思いのほか美味しかった。
食べ物は繋がりながら明日へと続いていく、終わりの無いしりとりの様だ!
やまぶどうのショルダー
  
  八ヶ岳産やまぶどうのショルダーバッグ ¥55000
  ショルダー部分も個性的で使いやすい籠です。

カテゴリー: フィールドワーク | コメントをどうぞ

蚊帳の思い出

蚊帳のジャケット
  蚊帳の柿渋染めジャケット (安藤しん子:作)
昔々まだ小さかった頃、九州の家では夏に蚊帳を吊って寝ていた。表の部屋と呼ぶ古い家の10畳間の4隅と、その間の梁に釘を打ち蚊帳に付いた金具を掛けてくのだ。いつも布団敷きは母の仕事だった、時々椅子を持ち出して私も手伝ったものだ。
その記憶があるのか、子供が小さい時に蚊帳を吊ってひと夏過ごした事があった。昔使った蚊帳の半分ぐらいの大きさで端に寝ると顔に当たる蚊帳が昔を思い出させてくれた。
次の年は蚊帳の存在などすっかり忘れて寝ていたのは、信州ならではの過ごし易さだからだろう。
その後10年近くたった今、骨董屋で見つけた古い麻の蚊帳を手に入れた。
今回は夏使う目的じゃなく、柿渋で染めて服を作るために!
古布のブラウスとのぼりのパンツ
  古布のブラウスとのぼり旗のパンツ (安藤しん子:作)
8月1日より軽井沢追分の「喫茶ギャラリーごんざ」の展示会に出展します。見に来てね!
 (今日は早くブログが終わった。仕事でもしぃよおっと!!)

カテゴリー: 染色 | コメントをどうぞ

身近なところにも廃棄物問題はあった!

堆肥置き場
今日(28日)は忙しい一日であった。山奥に住んでいると車無しでは生活が成り立たない。
朝早くに娘を駅まで迎えに行き、その後わが地区の上のほうに在るという不法な堆肥製造所を案内してもらった。百聞は一見に如かずである。廃液垂れ流しを指摘された業者は、廃液をポンプアップする事で県と話し合いが持たれたそうだがポンプアップしたホースを辿って行くとなんと廃液が出ている堆肥チップの上に流されていると言うお粗末な話!悪の循環です。その結果、堆肥置き場から染み出た廃液で周りの木は立ち枯れていた。(写真中央が立ち枯れの木、右下の黒いのが廃液)この問題、水や臭いなど生活に深く関っていく事なので今後更に注目していきたい。
午後は編み物のワークショップで先生は来れど生徒は山へ登って来ない、と思ったらそのうち一人二人と集まって来た、暑さのせいかな。その間にも車のマフラー直しで林に町まで送って貰うつもりがガソリン入れに行った林が帰って来ない。「ガソリン車なのに軽油入れられて抜いてもらってたら遅くなったよ、イヤー参った参った!」と電話が入った。これも暑さのせいかな!
いろんな事あって、なんやかんやと忙しい一日であっあ!
編み物教室
  
   藍染糸でサマーセーターを編んでます。
編み物のワークショップは8月は休みです9月は4日と25日の土曜の午後1時から

カテゴリー: フィールドワーク | コメントをどうぞ

葉っぱのライトとボタニカルアート

お月さんのライト
    (高島真笑庵:作 ¥15000)
お月さんの葉っぱのライトは明かりを葉っぱで遮ってほのかな明かりに変わります。オークの木の重厚感も加わって素敵です。ちょっと暗がりに置くと良いでしょう。
ボタニカルアート
    
ボタニカルアート。部屋のインテリアに如何でしょうか?値段未定 交渉価格で!
*むぎ草では只今8月1日より始まる展示会に向けて製作に大忙しです。
 展示会は軽井沢追分の「ごんざ」にて8月1日~8月13日まで行います。
 林の担当です、来てね!

カテゴリー: 骨董 | コメントをどうぞ

むぎ草作品集 (ほのぼの編)

いえのキャンドル
 家のキャンドル立て(相原秀雄:作 ¥6000)
家の中にキャンドルを入れると、ほのかなあかりが灯ります。
暗くなって点けるとなんとも言えない暖かさを感じるのです。
きっとマッチ売りの少女もこんな豊かな明かりを窓の外から覗いて雪の上で倒れてたのかな、などと思ってしまう私です。
ブックエンド
  
   犬のブックエンド(夢らじ:作 ¥6000)
夢らじさんの作る作品はどれも夢があります。昔サラリーマンだったのですが、
夢を求めて蓼科の山暮らしを始めました。

カテゴリー: 日々 | コメントをどうぞ

ギャラリーつたや

ライトスタンド(小)
ライトスタンド(林通雄:作 ¥36000)ギャラリーつたや にあります。
今日は下の店の店番だった。
ギャラリーつたやは小諸市本町の旅館だった店を骨董屋と手作り屋7軒が借り受けて共同店舗を商っている建物だ。そこにギャラリーむぎ草のアンテナショップがある。
いつもの店にいつもの客は来るものだ。
今日は4軒が休みだったのでおのずと私がいつもの客のターゲットになった。
だらだらとくだらない話の合間に、駄洒落を言ったり皮肉を入れたりしていかないと次から言われっ放しになるので切り替えしていく作業が必要なのである。
いつもの客は女好きで、年のせいか目が悪くなっているそうで女性なら誰でも話しかけるので他の客が居る時は困る事もあるのだ。それらを話の合間にチクリチクリと言うのだが、近頃は耳も遠くなったのか聞いてないのである。いつもの客の職業はお坊さん!!
こんな人は今では貴重で憎めない人なのかもしれない。
7軒の男性達はいつもの客のバイクの音がするといつの間にか居なくなるのである。
古布のコサージュ
 銘仙のコサージュ(¥4000)ギャラリーつたや にあります。

カテゴリー: フィールドワーク | コメントをどうぞ

自由の森の上田公演

自由の森の太鼓
 
自由の森学園の公演旅行が長野に来ると言うので、大ファンで追っかけの私は見に行きましたよ。
上田市にあるあゆみ保育園での公演にちょっと時間を間違えて遅れてしまったのですが、中国舞踏や民族芸能・和太鼓など若者のパワーを見る事が出来感激して帰ってきました。
娘が自森を卒業してしまうと、縁遠くなってしまっていたのですが今日の公演を見て新ためて若さの美しさを感じてしまいました。
宗雄ハウス
今度の金曜日に宗雄ハウスでビールパーティがあるんだってさ!(へーえ)
林はもうずいぶん前から楽しみにしてそこの家に付ける看板を作ったりしてるみたいです。
(気ままでいいよね!)

カテゴリー: 日々 | 1件のコメント

めだかの学校

 めだかのがっこう
  めだかの名前が決まりました。(結構いい加減な名前みたい)
  明日は似顔絵が付く事でしょう!
ドアノブ
小諸の山の中、浅間山の麓にある山小屋の我が家には、手作りのドアノブがあちこちに付いています。ヒヤッとする鉄製で持ち心地もごつごつしていますが、存在感はありますね!
      ドアノブ(林通雄:作¥8400)

カテゴリー: 日々 | コメントをどうぞ

余韻に浸るキャンドル!

キャンドル
お店もテンションも昨日の続きです。
手作りキャンドルを作った、写真はゆきこさんの作なのだがこれを応用してバラの花のキャンドルが出来ないかと新たな発想が沸いてきた。
次回のキャンドルナイトにはバラのキャンドルがお目見えするかも!
貝の燭台
 食べた後も捨てません!!ホタテ貝のキャンドルスタンド(林通雄:作 ¥4500)

カテゴリー: フィールドワーク | コメントをどうぞ