月別アーカイブ: 2011年3月

今日は水曜定休日(3月30日)

パン屋さん

今日は定休日、以前から約束していたハーブティーを買いに行く日です。

その前にちょいと寄り道してパンを購入・・・・・
レトロ風な店構え、美味しいパンの香りがお店の中に漂います。こんな香りに誘われてパンも一つ余計に買ったりして・・・・

ハーブ屋さん

所狭しと飾られてドライフラワー、この方ドライフラワーが専門なのですが、ハーブティーも自家栽培で作られているのです。もちろん農薬なんて使わず、化学肥料も使ってません。乾燥も自宅に作った乾燥部屋で自然乾燥ですので香りもとっても良いのです。
むぎ草で使うハーブティーですがとっても評判がいいので、ハーブティーも販売する事になりました。カモミール・レモングラス・ステビアの3種が入りました。夏になるともっと種類も増えるそうです。

今夜の照明

夜は照明を落としてわずかな電気とオイルランプで食事です。
ちょっと暗いけれど落ち着いて食事が出来ます。ゆったりと一日の疲れも癒えそうな薄明かりの夜です。

ネットで見つけた被災地救援で行った看護師さんの手記がありました。心温まるありのままの状況に、繋がる人々の情景がうかがえます。良かったら見てみてね!

カテゴリー: フィールドワーク | コメントをどうぞ

被災地へ旅立つ(3月29日)

アムチの住まい

いやいやこちらはアムチ小川の住まいです。
今夜、原発避難しているSさんにご馳走になりながら(本当は逆なんだけれど)そのついでにアムチ小川のお宅も寄って来ました。

Sさんから美味しいエスプレッソの講義を聞いて、そして一人ずつエスプレッソコーヒーをいただきました。食後のコーヒーは格別美味しいです!

話題は誰が散らかすのか?と言う事になり、ハヤシのおっちゃんの散らかしようと私の散らかしようはドッコイだと言う事になりました。(悲し)小川さんもかなりだねと言うと「僕は1時間で綺麗に片付けられます。」と言っていたけれど・・・・・?

さて表題の事なのですが、友達のU本ちゃんがこれから被災地に3週間瓦礫片付けのボランティアへ行くとむぎ草へ寄ってくれました。

慌てて、募金にと先日戴いた薪ストーブ関係のお金と、こちらも先日の講演会のお返しで戴いたお金を合わせてU本ちゃんに託しました。少しでも目に見える形で役立てたらいいですね!

ベスト

襤褸(らんる)又の名は「ぼろ」でベストを作ってみました、昔の布は味わいがあります。

さて、今晩はチェルノブイリ原発の作業に関わっていた人々のドキュメント「サクリファイス – 犠牲者ー事故処理作業者(リクビダートル)の知られざる現実」をネットで見ました。
昨日見た「 東海村JCOバケツ臨界ウラン放射線・放射能被爆事故の映像」も被爆の恐さを知りました。こんな事が日本であったのかとビックリしました。よろしかったら時間のある時にでも見て下さい。

日本中の明日が今日より少しでも幸せでありますように!

カテゴリー: フィールドワーク | コメントをどうぞ

ピザを焼く(3月28日)

ストーブでピザ

今日はピザ作り。
ピザ窯を作ってもらいたいと思っていたけど、なかなか、その気配もなく、
ネットで検索して見つけた、薪ストーブで焼く、ピザ!

ピザが出来た

ストーブの中に入れて、フタをしてチン!じゃなくて、余熱で3分も焼けば、おいしいピザのできあがり!

読書

ジャンゴくん、今夜は人間のまねをして、ミカンを食べながら詩のお勉強!!

ふむふむ、「こおろぎコロスケ明日もおいでよ 明日は笑顔で待ってるよ」・・・・・か!
ぼくも詩をかいてみようかな!

「となり近所、両隣、愛を語ろうハグしよう!
ネコもメダカもにんげんも、愛を語ろうハグしよう!
世界はひとつ、オンリーワン!!」

こちらは近所のコピーライターさんの震災で心痛めたと言って書き上げた詩・・・・・・
曲を付けてCDにしたいそうです。

水仙

庭では水仙が芽を出し始めました。

テレビでは東大のお医者様が「原発の近海で捕れた魚を食べても大丈夫、昆布などのヨウソを食べているから」・・・・?と言っています(ホンマかいな?)
野菜の暫定基準値も引き上げようとする動きも、そしたら放射能の野菜も出荷できるんだって・・・・?どこか変な動きです。

そう言えば芸能人は募金集めは盛んですが、誰一人「原発は恐い」とか「原発はいらない」なんていう人はいません。新聞のトップ記事になっている事を語る事がタブーな日本社会!情報操作されているのは本当のようです。

カテゴリー: フィールドワーク | コメントをどうぞ

めだか(3月28日)

メダカのたまご

発見!
冬の間室内に置いたメダカの避難所の火鉢の水槽に、よーく見ると卵が付着。これ絶対卵だよね!と言う事で、卵だけ水草ごと別の火鉢に移動しました。一緒に置いておくと大きなメダカに羽化しためだかは食べられてしまうそうです。

メダカのお宿

しかし我が家のメダカは可愛そうだね!
夏は、灼熱の鉄鍋の池で茹で上がり、冬は家の寒さに凍りながら何とか生きています。だから丈夫なのかと思うけれど、自分がそうだったらいやだよね。

千葉そごうの群言堂のメダカは毎日油取り紙で水面を掃除してもらったり、炭を入れて浄化してもらったりと綺麗な水を維持し続けています。そちらは幸せそうなメダカ、でもこの地震でご無事でしょうか?

さーて何匹のメダカが生まれる事でしょう、楽しみです。

カテゴリー: フィールドワーク, 動物 | コメントをどうぞ

可愛いりんご(3月26日)

今朝の風景

今朝のむぎ草はこんな感じ・・・・・・
沢山の雪が降りましたがお昼には解けました。もうすぐそこまで春は来ているのですね!

可愛いりんご

今 日は編み物教室の日です。教室にみえたSさんがりんごを持って来て下さいました。そして「私みたいなりんごなのよごめんなさいね」と仰るので季節も過ぎて いるので「まだボケてなんかいませんよ、美味しく食べられますよ!」と言ったら「あら、そうじゃなくて皺だらけって事なのに!」だそうで・・・・・すみま せんと必死に謝りましたがご機嫌なおったでしょうか?

貸し部屋あります

横 浜そごうで出合ったお客様に絵本を送って頂きました。佐久穂町に住む無農薬のりんごを作る「すだゆりこさん」の絵本で、森の中で暮らす人々(?)の話でと ても楽しい絵本でした。長野の人の絵本を横浜の人にいただくなんて不思議なご縁です。むぎ草にありますので、読んでみて下さいね、楽しい絵本です。

今 日は「ミツバチの羽音と地球の回転」の映画の日です。私は以前上田の会場で見たので今回はお店もあり見に行けませんでしたが、ハルちゃんとハヤシのおっ ちゃんは時間もあるので今回も出かけて行きました。二人とも見るのは2回目です。原発の事故の最中の映画ですので色々と考えさせられたようです。「鎌中監 督のお話を聞けただけで行った甲斐があった。」と言って帰ってきました。よかったよかった!

ハナコプママのコメント

仙台のハナコプ一家です。そちらに避難された方もおられるのですね。義援金の活動などもしてくださって本当にありがとうございます!私たちの生活はガソリ ンや食料などがまだ思うように買えないくらいでだいぶ日常を取り戻しましたが、避難所で生活している方々に大変申し訳なくまた、いつ供給してもらえるかわ からないのでお風呂は4~5日に1回と節ガスしております。(うちはプロパン)
今回の震災であたりまえのように使っていた電気・水・ガスについて本当に色々考えさせられました。原発に頼らない生き方を真剣に模索しなくてはいけないのだと。

映画見たいな・・・DVDとかにならないかな?

高校が海のそばの町にあったので、同級生の訃報も耳に入るようになり胸の痛い毎日ですが、産まれてくる新しい命のためにもがんばります!
ところで、ご実家のある宮崎の新燃岳噴火はどうなったのでしょう?
震災のニュースばかりなのでわからなくて・・・

ハナコプママ、コメント有難う!
映画 のDVDがあるのか実行委員の人に聞いて見ますね。まだまだ落ち着かない被災地でしょうね、大変な事と心痛めます。今日のお客様でも被災地に救援に行った 同僚の話とか、これから有給を取ってボランティアに行くとか、ハルちゃんの友達でももう少し経ったら東北へ手伝いに行くとかで、今日だけで実際に行動に移 してボランティアへ行くであろう人に3人も会いました。心寄せている人が沢山いるので何か必要な支援があったら教えてくださいね!
私の九州の実家は新燃岳の噴火による被害は降灰だけで、これからの野菜を確保しようと近所中ビニールハウスが大流行だそうです。灰は降るけれど一段落してひとまず灰と上手に付き合っているみたいです。

カテゴリー: むぎ草店内 | コメントをどうぞ

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(3月25日)

戻ってきました

今日横浜から沢山の服が帰ってきました。どうしよう・・・・・
沢山ありますから見に来てください、どうぞ!

ミツバチ

さてさて、明日のイベントなのですが、「ミツバチの羽音と地球の回転」の映画が明日3月26日に行われます。

この映画は原発予定地の対岸の村、祝島が原発を作る事に30年にわたり反対しています。その対案として自然エネルギーで賄える電気に切り替えたスウェーデンの村を紹介。
原発に頼らなくても電気は賄えるという事を教えてくれます。

原発の原子炉の設計者であった後藤さんの言った「どんなに安全な原子炉を設計することが出来たとしても、人類には使用済み核燃料を完全に処理する技術はない。10万年もの時間をかけて管理していかなくてはならない危険物を大量に生み出してまで、原発を持たなくてはならない理由があるのか」と言う言葉が身にしみます。

場所:佐久勤労者福祉センター
日時:3月25日 午後2:00~ 第一回目上映
4:30~ 鎌中監督の話
6:00~ 第2回目上映

料金:前売り1200円
当日 1000円

前売り券を「むぎ草」でも取り扱っています(まだあるんです)。どうぞこの機会に、私達の電気のことを考えてみませんか?

デモなんでミツバチなんだろう・・・・・?
それは、ミツバチは蜜を採っても花を壊さない。採取するものとされるものが共生している。エネルギーも採っても無くならないものに切り替えよう、そしてミツバチのように草の根でぶんぶんと伝えようと言う意味なんだって!

カテゴリー: むぎ草店内, イヴェント | コメントをどうぞ

鍾馗(しょうき)さん(3月24日)

鍾馗さん

今日はのぼり旗を掛け軸風にリフォーム教室・・・・・

以 前骨董屋で買い求めた鍾馗さんののぼり旗を柿渋で染めました。たまたまそれを買い求めて下さった方が、「表装すると生地の風合いが失われるしどうしたりい いかしら」と相談があり、掛け軸タペストリーを作る事になりました。上と下に大島紬をあしらって接着芯を貼ってみたらしっかりとした掛け軸が出来ました。

図柄も手書きで古いものなので風合いがあります。柿渋染めも絵の深みを増しました。これで端午の節句には床の間に登場する事でしょう。鍾馗さんは「災厄を払う守り神」だそうです。

手ぬぐい

今日お客様からいただいた手ぬぐいを洗濯しました、これで明日何作ろうかな?

回 覧板で震災義援金を集めています。この地区は回覧板は見たい人だけの回覧板なので留守がちだったりして半数の人が回覧板を必要としていません。そこで義援 金を集める事を知らない人の為に、福島出身のAさんが「少しでも多く集めよう」と相談がありなぜか私と二人で回覧板が回らないお宅を訪問して義援金を集め てきました。Aさんのアイディアで義援金が倍に増えました。少しでも役に立てばと思うばかりです。

カテゴリー: むぎ草店内 | コメントをどうぞ

ウッドチップが来ました。(3月23日)

ウッドチップ

家の入り口がこの雪解けでグッチャグチャ、まるで田んぼのようです。
お客様の車がぬかるみに入ったら大変!

そこでウッドチップを森林組合へ貰いに軽トラで行ってきました。軽トラの持ち主のAさんにも手伝ってもらって気持ち良く通行できるようになりました。

森林組合のウッドチップは唐松の木の皮で良い香りがします。

修理

午後からは数年前に購入されたズボンの修理をしました。長い間使っていくと痛みも出てきますが修理しながら着ていただけるとズボンも喜んでいるでしょう。

午後からはもう一つ、福島から原発避難してきた木工作家のSさんを受け入れてくれるアムチ小川の家まで案内してきました、ついでに小諸案内も少々・・・・

「もう帰れないかも知れない」と言う彼に「大丈夫ですよ!」と言えない現実があります。
これからどうするのか不安も多いけれど、落ち着くまで小諸にいてくださいね!
作品も工房も家も無くしてしまった彼ですが、命だけは残ったのですからこれから何とか生きていきましょう。

夜の教室に来られた方のご主人が今被災不明者の捜索に行かれているそうです。大変な惨状だと悲しんでおられました。「この箱に入れば何もかも忘れられる箱があればいいのに、心配すると色々と考えてしまう」と心痛めておられました、原発に関わる家族もその思いでしょう。

今夜の星はキラキラと空いっぱい輝いています。きっと亡くなられた方々が空の上から地上を照らしているのでしょうか?寂しい夜空です。明日の朝は寒そうです・・・・

カテゴリー: 日々 | コメントをどうぞ

原発事故(3月22日)

おいしい卵

今日朝一番のお客様は卵の配達・・・・・
実は近所で鶏を飼っているお宅がありまして、最近卵を届けてもらっています。
生みたての美味しい卵です、平飼いで家の回りはいつもコッココッコと賑やかです。

農家になりたいと、無農薬のお米を作ったり、アスパラやブルーベリーも作っています。
お米もとても美味しくて皆さんにお勧めしています。「おひさま農園」で検索できます。

火鉢

こ の非常時に暖をとるには・・・・・「火鉢を使おう!」と早速、角火鉢に炭を入れて火を起こします。高さもあったほうが手あぶりにはいいかな?と思い空いて いた甕の上に乗せて使いました。あいにく五徳が先日売れてしまったのでもち焼き網を乗せてお湯を沸かします。隙間だらけの家なので一酸化中毒も心配な し・・・・当分は火鉢でも暖をとる事にします。

原発事故は何でトップ記事なのでしょうか?・・・それはとても危ない状態だから。
放射能は安全なのでしょうか?・・・そうでもなさそう。

心配事は尽きません、分かりやすく説明して下さる中部大学の武田先生のお話は 大変参考になります。この先生は「ウソだらけ、間違いだらけの環境問題」の著者で、現代の環境問題がお金儲けの材料になっている事や、リサイクルで良い事 をしている錯覚に陥っている事などとても興味深いお話で大ファンなのですが、今回はしっかりと原発問題を説明して下さり、被爆量の計算の仕方も簡単に出来 る事がわかりました。

今回の福島原発事故も人災の部分がありそうです、自民党の一党独裁が続いた結果だと言った人がいたけれど、本当にそ の通りで、電力会社と政治家と官僚の欲望の賜物のような気がします。その付けがここにきて爆発しました。それでも「ほうれん草は安全です。」と言い続ける マスコミ、いったいこの日本はどうなって行くのでしょうか?

明日10日間車中避難していた友人が、福島から小諸へ放射能から逃れる為に避難してきます。

カテゴリー: フィールドワーク | コメントをどうぞ

横浜から帰ってきました。(3月21日)

こんな気持ち

出かける新幹線の中、私の気持ち不安でこんな(写真)感じ・・・・・
何度も行きたくないと思ったけれども皆に迷惑かけるし、一番迷惑かかるのは担当のО谷さんだろうからキャンセルする訳にもいかず、一日遅れてしぶしぶ横浜へ行きました。

16日から始まった横浜そごうの展示会から今晩帰ってきました。
色んなことがあった1週間でした・・・・・

展示会

こんな感じで飾り付けして(ちょっとこじんまりと)、百貨店の中も40%照明を落としています。社員通路は真っ暗、営業時間も2時間短くなっていました。
こんな時に何で営業するんだろう、と思っていたけれど百貨店という公共性もあるみたいで、食料を提供する事やいざという時の避難場所のような役目もあり、揺れるけれど耐震もあり一般の家屋より丈夫に出来ているそうです。
実際震災の当日家に帰れなかったお客様が会議室などに泊まっていかれたとの事でした。

そして毎日心配だったのが原発の事故の事でした。確かな情報が入らず困っていましたが、今日家に帰ってネットで確認・・・確認したからどうなる物でもないのですが自分を落ち着ける為ににも確かな情報が必要です。

何とか一週間が終わり、今ホットしています。

いま震災で被災された方や、原発事故で避難されている方を思うと大変な暮らしだと思います。
震災1週間目の百貨店の朝礼で黙祷をした時、涙が込み上げ胸が締付けられました。社員食堂では関連グループの被災した家族への寄付を募り、そのつどお金を届けました。しかしこれで終わってはいけない・・・・・私に何が出来るのか・・・・・

これからも被災地の人々に限らず不便な事が出てくるでしょう、しかしそこを「ちょっと昔に戻っただけ」と心を軽くして、周りの人と繋がっていけばこの困難を何とか乗り切って行けることでしょう。被災地の人と繋がり、相手に負担のない応援の仕方を考えたいと思います。

カテゴリー: 展示会 | コメントをどうぞ