月別アーカイブ: 2012年6月

明日は・・・・・(6月30日)

明日は記念すべき私の誕生日なんだけれど、なぜか日本政府は福島原発事故を起こしておいてもなお大飯原発を再稼動させようとしている、その日を明日7月1日に決めているらしいのです。何たる誕生日・・・・・

お願いだからそれだけは止めてほしいのです。明日起きたらニュースで「大飯原発の再稼動は取り止めました。」と流れたらほんとにハッピーな誕生日なのですが・・・・・・・?

てな訳で、むぎ草のテラスも腐ってきて、ハヤシのおっちゃんは修理する気なし。

今日も犠牲者が一人、床が抜けて足を踏み外しました。(すみません申し訳ありませんでした)

 

 

ブルーな気持ちになっていたら、綺麗な薔薇をプレゼントされました。キューランブラという名の薔薇です。

心を取り直して、映画の挿入歌で自森の子どもたちが歌っている埴生の宿が「原発の町を追われて~避難民・双葉町の記録」の映画に使われているらしい、You Tubeで探したけれどわからなかったけれど、同じ監督のこんな映像がありました。

 埼玉に避難した双葉町の人々

ふむー考えさせられます。8分程度の記録なので良かったら見てね。

 

 

こちらはアイスバーグと言う薔薇、清楚で優しい花です。

 

震災の日が誕生日だった人もいるんだから、私だけ不幸の主人公なんて思わないようにしよう。

 

なにはともあれ明日はいい日でありますように!私にとっても皆様にとっても。

カテゴリー: フィールドワーク | コメントをどうぞ

絵舞遊に行ってきました。(6月29日)

 

町田のギャラリー絵舞遊でやっている展示会に行ってきました。

 

 

絵舞遊では次から次とお客様が来て、小さいギャラリーは大入り満員です。大忙しの店主、私も初めてのお客様でしたが始めてという気がしなくて話が合います。あっという間に時間が過ぎていきました。

色々と買っていただいたり、注文をもらったりして遠くまで足にでよかったな!!

 

 

夕方に町田を経ち、昨日から上京しているコムチャンと新宿で待ち合わせして食事でもと思ったのですが・・・・・・・・・先日から気になっていた大飯原発再稼動反対デモに足を伸ばしてみました。

 

多くの人々が手にプラカードを持って反対を叫んでいましたが、昔行ったデモとは違い普通の市民が参加しての柔らかなデモで一安心。車椅子の人や子どももいてみんな気持ちを届けようと次から次へと人が集まってきました。サラリーマン・主婦・学生・子ども本当に運動に関わった事のない普通の市民ばかりです。この市民の声が政治家の耳に届く事を祈ります。

 

カテゴリー: 展示会 | コメントをどうぞ

絵舞遊で展示会(6月28日)

 

町田市のギャラリー絵舞遊で只今展示会の最中です。

明日は絵舞遊へ顔出しします。近辺の方でもしお時間がありましたら遊びにおいで下さい。

新作も携えて行きますのでお楽しみ!12時から5時ごろまでいる予定です。

 

 

蔓にならないモンタナです、去年植えたものが花をつけました。

 

こちらも6年前に植えたモンタナ、今年初めて咲きました。綺麗ですね!

 

カテゴリー: むぎ草店内 | コメントをどうぞ

山椒の佃煮(6月27日)

 

今年も山椒の実をいただきました、佃煮のレシピ付きです。

 

若草色の山椒の実を一つづつ房からほぐして、3回煮こぼしました。

それから味付けです、昆布を刻んで一緒ににます。沢山あったようですが作ると小瓶一個しかありませんでした。大変な思いをして採るのも一苦労だったと思います、ありがとうございます。

さーてお茶漬けには最高においしいとの事なので、お茶漬けにしてみよう!

カテゴリー: 食べ物 | コメントをどうぞ

爽やかな季節(6月26日)

今日は軽井沢の作家やの当番でした。

今日の軽井沢は爽やかで散策を楽しむ人たちで賑やかです、そろそろ人も出始めました。

平日は人を避けてゆったりと見て歩きたい人が多いようです。

 

縞木綿からキュロットパンツを作ってみました。

着物も沢山仕入れたし、あとは何をつくろうかな・・・・・・・

 

 

 

 

カテゴリー: むぎ草店内 | コメントをどうぞ

ハーブの花束(6月25日)

 

借りている畑の大家さんから「胡桃の木を切ったけどいる?」と電話が入り見に行きました。先日の台風で折れかかった胡桃の木を切ったとのことでした、薪に欲しいといただく事になりました。

 

胡桃のお礼になんですがハーブの花束(?)をプレゼント・・・・・

「これ売ればいいよ!」と言われたけれど、売るなら100円ぐらいかな、それよりもその何倍も心に届くプレゼントがいいやとせっせと花束を作って差し上げています。ハーブの香りも心に染みます。

 

まー日々このように世間の事情を忘れて浮世離れした生活を送っていますが、現実に戻ればどうしようもない政治がまかり通っています。

原発事故以来毎日放射能が頭から離れないのに、これまた再稼動させるなどと経済優先の理屈で原発を動かせようとしています。しかし優先されるのは人の命が最優先、命を守る政治を願うのですが・・・・・・?これは何としても再稼動を止めなければなりません。本当は消費税も止めたいけれど、明日は消費税10%に上がる決議がなされるのでしょうか・・・・・・私の住んでいる国なのにどこか遠くの国のようの錯覚すらします。

カテゴリー: むぎ草店内 | コメントをどうぞ

動物も店番(6月24日)

 

のきしたギャラリーの窓辺でお客様を待つジャンゴです。

このあとお客様と戯れる事になったのですが・・・・・・

 

 

コエダもお客様とじゃれあってお客様サービスしています、今日は埼玉から遊びに来て下さいました。

 

どちらも人好きですのでお客様ウエルカムなのです。

 

どうぞお天気のよい日に、イヌネコ好きな方は遊びにいらして下さいね!

 

 

カテゴリー: 動物 | コメントをどうぞ

畑の草取り(6月23日)

 

ディルを植えるようにわざわざ苗をいただいてので今日やっと植えました。

今年は色んなものを植えています。むぎ草の植え方の基本は

①もらったもの

②自然に生えたもの

③食べた物の残り

といたって自然です。そして肥料はやらない、もちろん農薬も、耕さないで穴を掘って植える

という変なポリシーと言おうか、めんどくさがりからきた自然な畑です。自然農法などという崇高な思想に従ったものではないので勘違いしないで下さい。

 

こちらは春の寄せ植えの時に植え込んだハンギングです。もうのび放題にひょろひょろになって水が切れてよれよれでしたが水桶につけてしばらく置くと又復活しました。いつまで飾ればいいのでしょうか?

 

そうそうさっきの続きなのですが、草取りするときにいつも心が痛むのです。どうして草はむしり取られて花は残るのだろう?私が草で別の人が花ならば私はむしりとられて厄介者と思われるのだな・・・・・と

 

そしてもう一つ思うのですが、この一面に生えていると青じそと藍の苗、その中に生えているレモングラスやマロー、カモミール、レモングラスにラムズイヤーはどうしたら共生できるのだろうか、青じそと藍とハコベが混植している中に生えているサラダ菜とかハーブはどちらも一緒に成長できないのかな・・・?そうこう思っているとやっぱり草むしりの草がどれだかわからなくなって、みんな名前があるんだから一概に草と言ってはいけないよね!となって草むしりは終了するのです。

 

これは単に草取りしたくない口実なのでしょうか?

 

 

今年の薔薇はなぜか元気がない、野バラも同じで元気ないです。

カテゴリー: むぎ草店内, 植物 | コメントをどうぞ

トンビかタカか(6月22日)

 

浅間サンラインで大きな鳥を見つけました。慌ててユーターンして鳥を見に行きました。

 

始めはワシかなと思ったのですが、トンビのような優しい顔。

はたしてどっちなんでしょうか。

 

「とんたか」とはよく言った言葉です。トンビとタカでは身分が違うのでしょうか?

 

 

夏用のタンクトップ型ベストです。

さーて明日は町田に送りです、忘れ物の無いように準備しなければ。

 

 

 

 

カテゴリー: フィールドワーク, 日々 | コメントをどうぞ

6月のルバーブ(6月21日)

 

我が家では6月はルバーブと梅の季節と何となく決まっているのです。

そこで今日はルバーブのジャムを作りました。瓶に4本出来ました、相変わらず酸味のあるパンチの効かない味です。それもルバーブの持ち味!

コムチャンがフィンランド風ルバーブのキッシュを作ってくれると言ったので2本は残しておきました。楽しみ楽しみ!

 

アムチの家からは梅をいただきました何にしようかな?梅肉エキスもいいけれど、手がかかりすぎるし去年のもあるので今年は梅のサワードリンクにしようかな?

 

 

今日入荷した版画の作品(エッチング)です。お店で販売していますよろしかったら見に来てください(8500円 新井亮 作)

 

今日出来上がった柿渋のベストです。町田のギャラリー絵舞遊の作品展にあと何枚作れるでしょうか?

カテゴリー: むぎ草店内 | コメントをどうぞ