千葉行き最後の作品(1月17日)

千葉へ持って行く最後の作品ができました。

今回は大奮発して、コレクションしていた庄内刺し子二枚でハーフ丈コートを作ってみました。

二人の手で刺した縫い目が、東北の女の冬仕事を思わせ、雪の中囲炉裏端でチクチク刺していたのかな?縫いごとする時の歌を佐渡の人にから聞いたことあったけど、歌のリズムに合わせて家の女衆が運針して楽しみでもあったとの話だった。

 

 

 

 

21日からの千葉そごうでの展示会、お近くの方は遊びにいらして下さいませ。

カテゴリー: 展示会, 日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です